投資目的での不動産購入

投資目的での不動産購入

 自分で利用するための住宅や別荘購入以外に、投資を目的として不動産の購入を勧められた経験のある人は多いのではないでしょうか。ただ資金を遊ばせておいて銀行に預けておくよりも、マンションなどの不動産を購入して賃貸として貸し出す事で、預金での利息よりも多い収入を得ることを期待して行われる方法です。投資目的で不動産を購入する場合には、管理を自分で行う場合と、購入から管理・入居者捜しまでを全て依頼してしまう方法のどちらかが一般的な方法です。最近では少ない資金でも不動産投資が行えるような、出資金システムの勧誘も多くなり、簡単に参加できるように変化してきています。リスク分散を考えて新しい投資先を探している人には、不動産への投資もオススメです。

 

サラリーマンも不動産投資の時代

 ご存知のようにデフレ基調にある日本では、サラリーマンのお給料が下がり続けています。確かに物価も下がってはいますが、ライフステージの進行とともに子供も育つのでお金が必要でしょう。 お給料が下がる中でお金が必要になるわけですから、何とかしてお金を稼がなくてはなりません。そこで注目を集めているのが不動産投資です。不動産投資というとお金持ちが行う投資のイメージですが、最近ではサラリーマンでも取り組む方が多くなっています。 サラリーマンの場合、高額な不動産というよりもお手ごろな不動産を購入して運用していくと言う形が多くなります。あくまでもリスクを管理して、小額投資、小額回収を目指すのが基本です。リスク管理できるので入門しやすい不動産投資だと思います。

Calendar