不動産の憲法、宅地建物取引業法

不動産の憲法、宅地建物取引業法

 宅地建物取引業法は、不動産業界の憲法とも呼ばれる重要な法律です。不動産会社や事務所に関する規制から、不動産取引に関する規制まで、幅広い内容が含まれています。不動産会社に関しては、国土交通大臣や都道府県知事の許可を受けている標識、取引の報酬額の規定、宅地建物取引主任者の表示など、様々な内容を定義しています。また、宅地建物取引業法では、不動産取引に関する内容も細かく定めています。契約を取り交わす際には、事前に重要事項に関する説明文書を配布した上で、契約も必ず文書で取り交わさなくてはならないというように定められているのです。また重要事項も主任者証を持つ者が提示しなくてはならないと決まっています。不動産は「一生の買い物」であるため、その分しっかり決まりがあるともいえましょう。

駅近くの不動産探し

 不動産をえらぶときに、駅からの距離というのを大事にするひとも多いのではないでしょうか。こういった人は、できるだけ、夏や秋に引越をすることを検討するといいと思います。 というのも、駅近とよばれる不動産物件は、いつでも大人気ですが、その中でも波があるのです。たとえば、4月の引越シーズンなどは、通勤や通学のことを考えて、駅近くの不動産物件を探し求める人がとても増えます。こういったときに部屋を探すと、どうしても駅近の不動産物件は探しにくくなります。逆に、夏などは、引越で出て行く人はいても、入る人が比較的少ないです。こういったシーズンに不動産を探せば、駅近で安いといった、穴場的な不動産物件に出会える可能性も高くなってくると言えるのではないでしょうか。

Calendar