不動産売却にかかる諸費用と税金

不動産売却にかかる諸費用と税金

 転勤になったので、住んでいた不動産のマンションを売却しようと思っていましたが、不動産を売却する場合には、どのような費用がかかるのか調べてみました。 そのため、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、不動産売却にかかる諸費用&税金について紹介していました。 その内容を見てみると、不動産売却時に必要となる諸費用と税金には、仲介手数料があるということで、ほとんどの場合に必要となるのが不動産会社に支払う仲介手数料ということでした。 また、仲介手数料の相場は、一般的には「売買代金×3%+6万円(消費税別)」ということでしたが、不動産会社によっても異なるということでした。 また、測量費用ということで、地積を確定するための費用で、一般的な場合、10万〜20万円程度が相場ということでした。 また、その他、売却に伴って利益が出た場合には、その利益にかかる所得税や住民税も必要ということでした。

 

地元の不動産屋か大手不動産屋か

  不動産を購入する際に選ぶ会社は大きく分けて2つに分かれると思います。1つは地元の不動産屋、もう一つは大手不動産会社です。  地元で長く営業している、地域密着型の不動産屋の特徴としては、土地、家屋などの不動産について詳しく知っていることだと思います。もし、その不動産について過去に何か良くないことが起こっていたとしても、長く地元で営業している不動産屋なら事情をしっているはずです。不動産自体のことだけでなく、周りの環境や、近くに住んでいる人たちの情報も沢山もっているでしょう。そうしたことが地元の不動産屋で購入するメリットだと思います。  次に大手不動産屋の特徴です。それはずばり物件の数だと思います。大手メーカーはCMをバンバン流したりしていて、知名度や信用が高いので、持ち込まれる物件が多いです。それだけ自分の気に入った不動産に出会える確率が高くなります。  どちらを選ぶかは自分がどのような不動産を求めているかで決めればいいと思います。

Calendar