ポートフォリオの一つとしての不動産

ポートフォリオの一つとしての不動産

 現在、日本や海外で人気のある投資の形のひとつに、ポートフォリオというものがあります。ポートフォリオというのは、簡単にいうと、不動産などのいくつかの投資先をセットにして、ひとつの投資対象として扱えるようにしたものです。この投資先として不動産が人気です。 ひとつの投資先、たとえば、株、たとえば不動産、に投資をしていると、そのひとつがダメになったら、もうおしまいです。しかし、いくつかの投資を組み合わせることによって、一つがダメでも、他の投資の収益で補うことができます。上下のぶれをお互いに補い合うようにするというものです。この投資先としては、株の他にも、不動産や、新規事業といったかたちでいろいろとありますが、ポートフォリオに組み入れるひとつとして、やはり不動産は人気だといわれています。

不動産にかかる種々の税金

 最近の不動産購入情報を見ていると、頭金なしでも購入できると書かれている物件がとても増えていると感じます。頭金に回せるだけの貯金がない購入者が増えていることの表れなのかもしれません。貯蓄がない方にとって、頭金なしで不動産が購入できるのはとてもありがたいことです。 とはいえ、頭金なしと言っても現金で支払う費用が全くないというわけではありません。不動産購入時には様々な費用が必要です。不動産登記にかかる費用などは現金で収めるという住宅メーカーもありますし、保険料などはもちろん現金での支払いになります。他にも不動産購入時には手付金が必要な場合がほとんどで、頭金なしで買えると言ってもある程度の現金は必要になるのです。 購入後のローン返済を考えても、頭金は無理だとしても諸費用を支払っても負担にならない程度の貯蓄はあった方が無難と言えるかもしれません。

Calendar