任意売却は判断スピード命

任意売却は判断スピード命

住宅物件などの不動産購入時は一般の方は大抵ローンを組んで購入する事になります。 一生をかけた買物になる方がほとんどで、住宅ローンを組む事になりますが、払う事ができなくなる場合もありえるものです。 不動産を競売にかけるか任意売却しローン充当する方法が一般的ですが、この任意売却はスピード命です。 競売にかかった不動産はいわく付きの物件になり、社会的に破産者としてやり直します。 不動産の新しく購入したくても、信用情報がダメになっているのですぐにローンを組めない上にクレジットカードも持てないです。 任意売却なら住宅を任意的売却するので、ローン額より売却額が低ければ、差額分を払う必要があります。 任意売却はスピード命です。早く立て直した方が良いので、収入に対して払えない住宅ローンは見切りをつけて、自己破産せずに任意売却して小さな家やマンションに住んでから差額返済するのが良いです。

 

任意売却と競売との違いを考える。

 任意売却と競売との違いを考えてみたいと思います。 通常は住宅ローンを返済できなくなると、融資をしている金融機関はその不動産を差し押さえて競売を行います。一方、住宅の所有者が金融機関の了解を得て「任意売却」する場合もあります。 これらのように不動産を売却する方法は競売と任意売却の2種類がありますが、具体的にどのような違いがあるか以下に説明したいと思います。 ・競売の場合、不動産の価格は相場の50%くらいで落札される場合がある。一方、任意売却であればほぼ相場の価格で売却ができる。 ・競売の場合は引越し代が出ない。一方、任意売却であれば交渉次第で引越し代を確保できる。 ・競売物件の情報が新聞などに公開されてしまうので、秘密厳守が難しい。一方、任意売却であれば秘密厳守で売却が可能である。 以上、参考になりましたら幸いです。

 

Calendar