葬儀のスタイルが増えた

葬儀のスタイルが増えた

元同僚のお母さんが亡くなった時に、おうちに伺いました。 葬儀のことを聞いたら、家族だけでやるのでとやんわり断られたため後日伺ったんです。 うちの地域では、葬儀は集落の人が手伝いに行くのが普通です。 そのため家族葬をする家はなく、そのため費用はそこそこかかってしまいます。 その元同僚のおうちは家庭がちょっと複雑で、あまり葬儀に費用がかけられなかったとあとで聞かされました。 そのため家族だけでひっそり葬儀を行ったそうです。 最近では家族だけで費用を抑えた葬儀も増えているそうです。 また個性的な葬儀を演出したり、派手な葬儀をするおたくもあるそうです。 身の丈に合った葬儀が一番気が楽ですね。 また故人の希望に沿った葬儀が行えるようにしたいものです。

増えていく葬儀の生前契約

誰でも自分の葬儀のことは考えたくないかもしれません。しかし、いずれその時はきてしまうものです。できれば子や孫に迷惑をかけたくないと思うのなら、葬儀の生前契約がお勧めです。 これは自分が元気なうちに、葬儀会社とどのような葬儀を行うのか契約しておくことです。葬儀の費用や墓地の場所、そのほか死後の手続きまで事細かに決めておきます。 こうすることにより、いざ自分が亡くなった時に遺族の手を煩わすことなく葬儀を行うことができるようになります。また、この生前契約は、遺族のいない1人暮らしの人にとっても最適な方法です。この契約があることにより、不安を感じることなく年をとることができるのです。 自分ではどうすることもできない自身の葬儀、生前契約を検討してみてはいかがでしょう。

 

Calendar